WiMAX 2+の新製品W02とWX02に追加された機能とは?

WiMAX 2+の新製品Speed Wi-Fi NEXT W02Speed Wi-Fi NEXT WX02
あなたにベストのWiMAX端末の選び方をご紹介したいと思います。
是非、参考になさって下さい。



Speed Wi-Fi NEXT W02はSpeed Wi-Fi NEXT W01の後継機に該当するWiMAX端末です。





そして、Speed Wi-Fi NEXT WX02はSpeed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するWiMAX端末です。





それぞれに新たに追加された機能ですが、名前こそ違えども、似たような機能が搭載されました。



Speed Wi-Fi NEXT W02には、キャリアアグリゲーションの使用有無を電池残量で判断してバッテリー消費を押さえるノーマル設定が搭載されました。(WiMAX2+の新製品W02の魅力とおすすめプロバイダーとは?を参照)



キャリアアグリゲーション



キャリアアグリゲーションとは、複数の帯域を束ねる事で220Mbpsもの高速通信を実現する技術の事です。
キャリアアグリゲーションをしない場合と比べて2倍の通信速度を出す事が出来ますが、その分、バッテリーの消費が激しくなります。



一方、Speed Wi-Fi NEXT WX02には、状況に応じて4×4MIMOと2×2MIMOを使い分けるバランスモードが搭載されました。



4×4MIMO



4×4MIMOとは、WiMAX端末に搭載されている4本のアンテナを使用して同時通信を行なう事で、220Mbpsもの高速通信を実現する技術の事です。
2×2MIMOと比べて2倍の通信速度を出す事が出来ますが、その分、バッテリーの消費が激しくなります。



Speed Wi-Fi NEXT W01とSpeed Wi-Fi NEXT WX01がWiMAX 2+の新製品として登場した際、通信速度が従来の二倍に上がった事に対して注目が集まりました。
ですが、バッテリーの減りが激しくなってしまうと言う弊害が出てしまい、それを少しでも押さえる技術が搭載されたのがSpeed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言う訳です。



Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02



また、日次の通信量表示機能もそれぞれに搭載されました。
これは、混雑回避の為の速度制限が厳しくなった事に対する配慮でしょう。



ご紹介したように、Speed Wi-Fi NEXT W01やSpeed Wi-Fi NEXT WX01の不足分を補う形で登場した今回のWiMAX 2+の新製品。
Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02をお得に入手する方法としては、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典を利用するのがお勧めです。



お得なキャンペーン



WiMAX 2+の新製品は、通常価格で20,000円します。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典を利用すれば、何と無料になります。



ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典を受ける為には、下記キャンペーンサイトからの申し込みが条件となっています。
無料で手に入るものですから、是非ともキャンペーンを利用しましょう。



>>UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら

WiMAX 2+の新製品W02とWX02の違いは?

Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02が、従来のWiMAX端末と比べ強化された部分についてご紹介しました。
続いて、Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02の違いについてご紹介したいと思います。
WiMAX端末を選ぶ際のヒントになさって下さい。



Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02で迷う



Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02の最も大きな違いは、通信方式にあります。
Speed Wi-Fi NEXT W02はキャリアアグリゲーションを採用していますが、Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOを使用しています。
それぞれの機能に関しては、前述した通りです。



キャリアアグリゲーションと4×4MIMO。
通信方式は異なりますが、最大通信速度が110Mbpsから220Mbpsに引き上げられると言う効果は同じです。



高速インターネット



つまり、どちらのWiMAX端末を使用するかを選択する際、キャリアアグリゲーションか4×4MIMOかは重要ではないと言う事になります。

au 4G LTEに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT W02

Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02の違いとして、次に着目すべきはau 4G LTEへの対応でしょう。
Speed Wi-Fi NEXT W02はau 4G LTEに対応していますが、Speed Wi-Fi NEXT WX02はau 4G LTEへ非対応です。





au 4G LTEとは、auの基地局を使ってLTE通信を行なう機能の事を指します。
WiMAXの基地局よりもauの基地局の方が広いエリアをカバーしている為、より広いエリアでの通信が可能となる機能です。





また、au 4G LTEはプラチナバンドを使用している為、WiMAX 2+の電波が届かないような入り組んだ場所にも電波が届きます。
ですから、WiMAX 2+が圏外表示されている場合であっても、au 4G LTEが繋がるケースは結構あります。



ただし、au 4G LTEは有料の通信サービスとなります。
一度でも使用すると、その月の月額料金は1,005円高くなります。

Bluetoothに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT WX02

続いて、Speed Wi-Fi NEXT W02とSpeed Wi-Fi NEXT WX02の違いとして着目すべきはBluetoothへの対応です。
Speed Wi-Fi NEXT W02はBluetoothに非対応ですが、Speed Wi-Fi NEXT WX02はBluetoothに対応しています。





Bluetoothとは、Wi-Fi使用時よりも電力消費を抑えた状態で通信を行なう事が出来る機能の事を指します。
消費電力を抑える事が出来る為、WiMAX端末の連続通信時間を伸ばす事が出来ます。



ただし、Bluetoothを使用時の最大同時接続数は3台となります。
Wi-Fi使用時と比べて7台分同時接続数が減りますので、その点の注意は必要となります。

クレードルは必要?

Speed Wi-Fi NEXT W02やSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、クレードルに対応しています。
クレードルとは、WiMAX端末専用の充電台の事です。



WiMAX2+新製品のクレードルセット



WiMAX端末をクレードルにセットする事で、通電状態を維持したままWiMAX端末を使用する事が出来ます。
つまり、バッテリー切れを気にせずにインターネットを行なう事が出来るようになります。



また、クレードルの裏側にはEthernetポートが1ヵ所設けられています。
ここにLANケーブルを差し込む事で、有線通信を行なう事が出来るようになります。
無線通信に非対応の機器をインターネット接続する際に、この機能は重宝出来ます。

お得なキャンペーン特典利用がお勧め!

前述しましたが、Speed Wi-Fi NEXT W02やSpeed Wi-Fi NEXT WX02の購入は、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンを利用しての購入がお勧めです。
なぜなら、通常価格で20,000円するWiMAX端末代が無料になるからです。
しかも、通常価格で22,750円するWiMAX端末のクレードルセットも無料対象です。



無料でWiMAX端末をゲット



そればかりか、業界最高額となる高額キャッシュバックまで付いて来ます。
手出しがなくなるばかりか、現金まで貰える訳です。



これだけ圧倒的にお得なのですから、利用しない手はないでしょう。
ご紹介したキャンペーン特典を受け取る為には、下記キャンペーンサイトからの申し込みが条件となります。
その点にお気を付け下さい。



GMOとくとくBB WiMAX 2+の申し込みはこちら